作家紹介

作家紹介のページです。

十三代 髙取八山HACHIZAN TAKATORI

1960年
 髙取焼宗家十二代八山の長男として生まれる。
1986年
 京都市立芸術大学陶芸科卒業。
1993年
 大徳寺派廣徳禅寺に於いて、
 福富雪底官長・海雲老師の許で1年余り修行。
 帰窯後、髙取古窯跡の発掘陶片を元にして
 研究、作陶に努める。
2000年
 東京三越本店にて個展開催。
2001年
 『世界陶磁器エキスポ』(韓国ソウル)
 朝鮮陶工後裔展に招待出品。
2003年
 『現代韓日陶芸展』(韓国ソウル)招待出品。

以後、全国各地にて個展開催。

髙取春慶SHUNKEI TAKATORI

1989年
 十三代八山の長男として生まれる。
2010年
 九州造形短期大学卒業。帰窯後、3年間作陶。
2015年
 遠州流茶道宗家 小堀宗実御家元の許で修行。
2018年
 帰窯後、十三代の指導の許陶芸に励む。

[関わった事業]

2018年
 銀座三越7階ジャパンエディション「キレイサヴィ・クチュール 小堀宗翔の視点」作品展示
 2019年
 表千家全国大会にて「聖福寺コラボ茶碗」の初披露
 Thrush Cafe「鶫茶会」にて作品展示、呈茶
 「清流庵」のイベント【宴の章】にて作品提供
 博多聖福寺にて「第一回CHAWAN COLLABORATION」作品展示
 六本木ミッドタウン、サントリー美術館「玄鳥庵」にて髙取焼展示、呈茶
 博多聖福寺にて「第二回CHAWAN COLLABORATION」作品展示
 福岡赤坂「万 yorozu」にて展示
 博多聖福寺にて「第三回CHAWANCOLLABORATION」作品展示
 髙取焼宗家東京店「秋の會」にて作品展示
 GFAA2019 北京嘉徳芸術センターにて「匠の心の極致――日本伝統工芸展」にて髙取焼宗
 家として出展
2020年
 東京ミッドタウンTHE COVER NIPPONにて、作品展示•呈茶
 博多伝統工芸館にて「髙取春慶・亀井久彰」髙取焼二人展
 九州産業大学とのコラボレーション作品制作

お問い合わせ