制作過程

「綺麗さび」と称されるような瀟洒で落ち着いた髙取焼の気品は
その工程にこだわりと長い歴史の中で生まれた伝統の技法から生まれます

土造りCLAY

髙取焼宗家の土は、「小石原」で採れる土を使用しております。
やや鉄分を含んだ土と福岡市の七隈で採れる白土が原料としています。2種類の土を独自で調合し、伝統技法によって陶土を一から制作しています。焼成するとキメが細かく、薄くて軽い磁器に近い美しい陶器となります。
「唐臼」(からうす)で原料の土を1か月間砕き搗いて、水に溶かしてざるで濾していきます。
2〜3ヶ月程かけて濾していった泥漿をポンプで吸い上げて、板状の粘土を作ります。その後、土練機によって真空をかけて筒状にし、数か月間、寝かせます。

土つくりから、すべて手作業。伝統技術のみならず職人の勘と経験によって作られます。

成形・乾燥FORMING

成形はろくろで一つひとつ丁寧に作り上げていきます。

削り・乾燥SHAVING

乾燥させたら、高台を削りさらに完全に乾燥させます。

素焼き・釉薬掛けGLAZE

どれも自然から成り立つ素材です。
化学的なものは一切使っていません。

窯積み・窯焚きBAKE

髙取焼宗家の作品は薪窯で焼成致します。
職人達の長年の経験で、薪をつぎ足し窯の温度を調整していきます。約1250~60℃で焼成します。

その後、窯の内部が100℃以下になるまでじっくり冷却します。

ひとつひとつ丁寧に取り出します。

検品・完成INSPECTION

検品作業。
高台周りの具合や花入などは水漏れがないかなどのチェックをします。

このように髙取焼宗家では制作過程においても、すべて職人の知恵と経験、そして長い伝統の中で大切にされてきた技法を初代より秘伝書と共に守り続けています。

 

お問い合わせ